• HOME
  • 住まいの地震対策

住まいの地震対策

地震対策の工法の違いについて

住まいの地震対策には、耐震工法、制震工法、免震工法があります。

耐震工法

耐震工法 壁や床を補強し、建物の剛性を高める。

建築用金物を用いて建物の剛性を高め、建物全体を丈夫に造り込む工法。

建物自体も基礎としっかり固定し倒壊を防ぎます。地面から基礎、基礎から建物へと、直接揺れを伝えてしまいます。


制震工法

制震工法 地震の震動エネルギーを特殊装置が吸収。

建物に入ってきた揺れを特殊な装置に吸収させる工法。

木造住宅のような、しなやかで柔らかい建物に適し、強風の振動にも対応。外部エネルギーをコントロールして建物への負担を軽減します。


免震工法

免震工法 免震装置により震動をシャットアウト。

地面と基礎の間に特殊装置を設置して、震動を地面から建物に伝えない工法。

免震工法は、多額のコストがかかるため、一般住宅に導入するケースは少なく、主に病院や中高層マンションで採用されています。


ガルコンは耐震と制震で住宅を倒壊の危険から守る

ガルコンは、耐震制震の機能を併せ持った建築用金物です。

『揺れのコントロール』を考えて生まれたガルコンは、耐震効果と制震効果の2つの機能を併せ持っています。地震の激しい揺れに対して、建物の変型を抑えて倒壊を防止し、建物内部に伝わる揺れを抑えて家具などの転倒を防ぎます。


ページのトップへ戻る